翻訳記事

南アジアにおける災害による強制移住のリスクについて

掲載日:2015/05/01

Justin Ginnetti、Chris Lavellによる技術論文(2015年4月)
This technical paper provides evidence-based estimates of the likelihood of disaster-induced displacement in Afghanistan, Bangladesh, Bhutan, India, the Maldives, Nepal, Pakistan and Sri Lanka. It attempts to better quantify human displacement risk. It brings together data from several sources – notably the Global Assessment Reports (GARs) and the Asia-Pacific Disaster Report of the United Nations International Strategy for Disaster Reduction (UNISDR), national disaster loss inventory databases (DesInventar) and IDMC’s Global Estimates – in order to better quantify human displacement risk. Applying a probabilistic risk model, it is one of the first attempts to assess how many people are at risk of being displaced by natural hazard-related disasters. It is the first attempt to do so for South Asia.

アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、パキスタン、スリランカにおける災害による強制移住について、証拠に基づく推定を行い、強制移住のリスクのよりよい数量化を試みる。Global Assessment Reports (GARs)、UNISDRのAsia-Pacific Disaster Report、国家災害損失一覧データベース(DesInventar)、IDMCのGlobal Estimatesという様々な出典のデータを基に分析している。確率的リスクモデルを応用した、災害によって強制移住を余儀なくされるリスクのある人々の数を査定する初の試みである。
この論文におけるジェンダーへの言及は二箇所。

(1) 2.4 強制移住の特徴:極端な災害リスクの表出

<第二段落> 強制移住そのものが将来の災害リスクになり、貧困や人権侵害、そして既存の脆弱さの悪化のリスクが高まる。これは特に、住居や生活が破壊され、何度も移住を余儀なくされたり長期化した場合に起こりやすくなる。家や居住地から強制的に退去された場合、家族の離散や性的またはジェンダー関連の暴力のリスクが高まり、特に女性と子どもがその影響を受ける。

(2) 表2.2:災害リスクに影響を与える要因と関係
saigai
URL http://www.preventionweb.net/english/professional/publications/v.php?id=43812&a=email&utm_source=pw_email

IDMC全文
http://www.internal-displacement.org/assets/publications/images/2015/201504-ap-south-asia-disaster-induced-displacement-risk-en.pdf

Menu Title